お金と上手に付き合う 賢いへそくりの貯め方

SITE NAVI
お金と上手に付き合う 賢いへそくりの貯め方

正しいへそくりのための、お金の使い方

お金と上手に付き合う 賢いへそくりの貯め方
何故、人はへそくりを作るのか。2つ理由がある。1つめは、自己投資のためだ。趣味であったり、娯楽であったりと、自分が楽しむためのへそくりである。これは非常に理に適っていて、犬が好きな餌を地面に掘って埋めるのと似ている。つまり、己が後で楽しむために、お金を取っておくという魂胆である。2つ目は、保険のためだ。いざという時に、お金がないと我々は何もできない。そのような事態に陥った時に、お金があると安心できるし、1つの解決手段となる。よって、お金を取っておくことで一種の保険をかけていると同意義になるである。

ここで、何故、人はへそくりとして、お金を隠すかである。理由は単純で、他人に知られることでお金を失うリスクが高まるからだ。
例えば、冷蔵庫に美味しいプリンがあったとしよう。これは冷蔵庫を開けなければ分からないことだが、冷蔵庫を開けてしまえば食べたくなるのが人間である。知らないことにより、安全が守られ、物的被害が食い止められるからである。そこで、日常生活で、どこからへそくりを捻出し、どこへ保管すればよいかを紹介したい。まず、倹約についてだが、外食はしない。外食の移動代と食事代を考えれば、普通のファミレス1回分で、一日の食事代と同じになる。一手間かけて食事をすることで、お金が浮きます。
一般的に良いとされているのが、家計簿をつけることです。

家計簿をつけることで、きちんとお金を何に使っているのかが分かります。
面倒事が嫌いなあなたには、一日に使って良い金額を決めるだけで、十分な効果が得られます。
必要以上にお金を使わないことで、へそくりを作るだけの経済的余裕が生まれます。

最後に、浮いたお金をどこへ隠すかです。

理想は、金庫の中に入れて床下へ入れることです。

何故床下かというと、人間の目線からもっともはずれているのが、足元なのです。

よく考えてみてください。足元に注意が行かないから、箪笥の角に足の小指をぶつけたり、小さな段差でつまずいたりするのです。

よって、人の意識が行きずらいという点で、床下が理想です。